img_02

合宿免許が有利な理由

自動車免許の取得は現代の社会人にとっては必須です。

しかし、免許の取得には費用がかかりますが、それ以上に時間がかかることがネックになります。社会人になってからの取得の場合には夜間や休日などを活用して地道に免許取得を目指すしかありませんが、集中して数週間の期間がとれるなら合宿免許によって取得を目指す方法が経費的にも抑えることができますし、効率よく免許取得が可能になります。



夜間や休日だけしか時間がなければ、免許取得までに半年以上かかる場合もありますから、合宿免許の方が効率がいいのは明らかです。

合宿免許は通常の自動車学校が空いている時間を効率的に活用するために実施してるものですから、ほとんどの場合、地方の人口の少ない地域にある自動車学校に行くことになります。
当然、宿泊しながらの免許取得になりますので、向き不向きがあります。

見知らぬ土地で数週間宿泊するわけですから、大変な半面、自分の自由な時間を活用して旅行気分で楽しむこともできます。

合宿免許はほとんどの場合、宿泊所や食事なども含めたパック料金になっていますが、それらを含めても通常の講習料金よりお得になります。

これは、自動車学校にとってもメリットがあるからです。


自動車学校にとっては、常時講習生がいなければ経営が成り立ちません。



しかし、講習生は夏休み期間や春休み期間など、学生が長期に休めるような時期、また、夜間や休日等比較的時間にゆとりがある時間帯に集中します。それでも講習生が集まるならいいのですが、地方の自動車学校では通常の講習生だけでは人件費や維持費などの必要経費を賄いきれません。そのため、講習生が希望しない空いた時間帯に合宿免許に参加する講習生を詰めこむことで効率的に講習を行っているのです。



合宿免許の場合、連続して講習しますので、一般的に卒業までは短期間でできます。

回転効率を高めることによって、自動車学校にとってメリットの大きい仕組みなのです。