img_02

自動車免許取得の為の合宿免許での合宿生活

「自動車免許の取得は、合宿免許へ」と言う案内を見て、わたしは合宿免許での普通自動車の免許を取りに行きました。

そんな自動車免許の合宿生活を語りたいと思います。


合宿免許は、基本目的の教習所までの交通費は負担してくれます。もちろん往復で出してくれます。

また宿舎代、食事代も全て負担してくれます。
但し、合宿免許生活の最短14日分しか出ません。

14日を超えると自己負担になります。



この2週間で卒業検定までの全ての日数が入っており、予定通りに行けたら2週間で卒業出来ます。


また、補習代も何回か分だけは含まれているので、もし各段階がクリア出来なくても次うまく行ければ予算内で収まるようになっております。

話題のに関するご質問を解決いたします。


教習所での1日が終われば、その日の空いた時間は自由です。


自分の好きな事が出来ます。

読書やゲーム、買い物や友達と遊びに行く、生活の為の洗濯なども出来ます。

大抵の合宿免許は、田舎に多くある為ある意味遊びに行く所が少ないのも1つです。

どうしても宿舎での生活になってしまいます。

なぜか、パチンコ屋さんがそばにあるのが多いです。

どうしてもパチンコへ行ってしまう運命になってお金を使ってしまいます。その為、持って行くおこずかいは、10万円程持っていくことになるかも知れません。


そう考えると合宿免許は安いものなのかと考えてしまいます。

田舎生活は暇だからです。
その為みんなお金を使いたくない為、友達と話をしたりしているのを目にします。

私が行ったのは、今から25年前の事です。


携帯電話も無い時代で、電話をかけるのは公衆電話です。



またインターネットのようなものがなかった時です。

今はどうなっているのか分かりませんが、それなりの環境にはなっているはずです。

携帯もあるので、ゲームなどで、暇を潰せるかと思います。

Webサイトで周辺施設も合わせて確認しましょう。

そんな教習をしながらの合宿生活のスケジュールはかなり忙しいです。

そのような感じで卒業検定までこの合宿の生活が行われていきます。